久々にリンリンハウス行ってきた結果…

いつもスマホで電話エッチを嗜む身としては店のテレクラなんてもう行く気にすらならない。

 

そんな自分がリンリンハウス行ってきたんですよ。
リンリンハウスといえば現存する店舗型テレクラでも最大手で未だに多くの店舗を持つ老舗。

 

と、まぁ褒め称えたはいいものの、昔はお世話になったけどもう好きでも何でもなかったりします。
なんでそんな所に行ったかというと上司の付き合いでなんですよねー…w

 

「久々にテレクラしたい」なんて言うんですよ。
嫁さんいるのに風俗大好き人間でへそくり貯めて風俗行くような人です。
いや男としては好きですけどね。

 

そんな人の付き添いで店舗に入店!

 

うーん、店の佇まいも昔のようなキラキラした黄色と赤の警戒色で「テレクラ!」という看板アピール。

 

そしてコール待ち。
スマホに慣れるとこのコール待ちがかったるいです。
スマホが早いというわけじゃないんだけど、変にコールが長いときはネットしたりTVみたりできますからね。

 

一人目に繋がったら自称31歳のおばさん。
声が酒やけしてるし45歳くらいじゃねーの?って貫禄のあるお方。

 

いくつ?なんて聞かれて「若いねー」なんて31歳からすればそんな言うほど若くないのに…設定は守ろうよ!
それで「誰に似てるの?」って聞いたら「わかんない」とか言っちゃう。

 

話が広がらないんですよこの人。
しょうがないからおっぱいのサイズ聞けば「普通」どんな形してるの?「どういえばいいかわかんない」

 

これは俺が悪いのかな?

 

そんな錯覚を覚えるほどやる気のない相手。
チェンジしましたよ…

 

二人目は声はまぁまぁ可愛い。
しかし「今日は何してたの?」と聞いたら「暇だからテレクラしてんじゃん」

 

そ、そっすね…

 

ここでもう俺の心は折れてる。
「今日はどんな感じでテレクラしてるの?」

 

「ヤリ目」

 

円じゃん……

 

ブスッとしておいてヤリ目とか円じゃん!!

 

駆け引きあって盛り上がってから会いたいなじゃなくて最初からマネーセックスやん!

 

円は嫌いな俺はもうそのまま受話器を置いてスマホをカチカチいじってました。

 

時間がきて上司と再開。
あっちはあっちでスッキリしてまして

 

「そっちはどうだった?」なんて言われて「いやー久々だけど良かったっすわ」なんて返事しちゃいました。
上下関係ありますから…

 

まあそのせいでまたテレクラ連れて行かれることになりましたけどね!

 

上司にスマホのテレクラを教えてあげたいくらいです…