ツーショットダイヤルで女と出会ってみた

MENU

ツーショットダイヤルで女と出会ってみた

私も昔はよくテレクラを利用してました。
それでテレクラを利用する際はテレフォンセックスコーナー多めです。
その場でオナニーできる手軽さもあるし、普段のセックスじゃ味わえない激しい淫語がテレフォンセックスにはありますからね。

 

一応ツーショットダイヤルもたまにしてましたけどね。
やっぱり若い時は生の女性の身体には常に飢えてますから(笑
テレフォンセックス相手とも出会えるのですが、やはり目的が違うから大抵はやや時間はかかりますからね。例外もありますけど。

 

それで今回はそのツーショットダイヤルであってきたので体験を交えて出会えるコツ?みたいなのを私流で書いていきます。

 

脈がないならさっさとチェンジ!

 

そのままです。会えないならさっさとチェンジ機能で別の女性を狙います。

 

たまにいるんですよ。お喋り目的で利用してる女性。これはテレフォンセックスでも同じくいます。

 

住んでる場所にもよりますが、テレクラサイトによっては女性があまりいない場所や、また時間帯によってもチェンジしたら女性が…ってこともあるので、人の多いテレクラを利用したほうがいいでしょう。

 

 

相手に気を使わない!

 

これはちょっと説明いれると「アポとるときは強引に」ということ。

 

彼女とデートでホテルに行くとき、男性にリードされてホテルインすることがほとんどです。

 

付き合い始めの女性からそれらしいサインを出してもホテルに行こうと自らいう女性はあんまりいませんね。

 

日本の女性には恥じらいの文化があります。だからなのか男女関係に関して「男性に誘われたから」などの言い訳を女性は無意識に求めているんです。

 

自分から求めるはしたない女性じゃないというアピールですね。意識してやるとかじゃなく、本能的なものと言われてます。

 

だからアポで女性が「どうしようかな」みたいに迷ってる時こそ気を使わずガンガン押すべき時なんですね。

 

もちろんトークでは女性に最大限気を使いましょう。

 

 

 

簡単な説明ですが、ツーショットダイヤルにおいてはこの2つを意識してやるのがデフォですね。

 

細かい話になるとさすがに私も書ききれないのでどうすれば出会えるか具体的に理解したいという人はこちらのツーショットダイヤルで出会えなかった本当の理由の記事を読んでください。こっちは基本的なことを細かくかいてます。